11/16着物で遊ぼ!♪お寺のランチ♪開催レポート

「お寺を活用して楽しいイベントをしよう!」

ふとスタッフから出た一声から、この企画が立ち上がりました。

というのも、新湊には多くのお寺があります。

この当たりに詳しい観光ボランティアさんの話では、

市内の他のエリアに比べると約3倍の数のお寺があるのだとか。

「どんなイベントだったら、楽しいだろう・・・」と、話しているうちに

「お寺は和のイメージだから、着物をドレスコードにしてみたらどうだろう?」

「和食のお弁当をお寺で食べたら、ちょっとしたランチ気分を味わえちゃうね。」

「お正月に畳のお部屋で子供の頃よく遊んでいたカルタ遊びって昔楽しかったなあ。

大人になった今、やるのも楽しいかも。」

などなど、色んなアイデアが浮かんできて、

「お着物を着ながら昔遊びをして、おいしいランチを味わってみたい!」

という意見でまとまりました。

こうして、「着物で遊ぼ!♪お寺のランチ♪」のイベントが始動しました!

***

当日はスタッフ含め7名の女史が集結!

地元の方や知人づてに訪れた方、イベントページを見て思い切って参加してくれた方など、思い思いのきっかけでいらっしゃいました。

アンティーク着物レンタルのおきがえ処KIPPOさんにて、

全員分の着付けを終えたら、記念撮影をしていざ出発。

しとしとと降る雨の中、色とりどりの傘をさして曼陀羅寺へ向かいました。

<みんなで記念写真>

曼陀羅寺に到着すると、お寺の中を暖かくして、住職が迎え入れてくれました。

豪華絢爛な本堂に参加者一同沸き上がりました。

<曼陀羅寺 立派な本堂>

中まで入る機会の少ないお寺にせっかく来たので、

住職から法話を聞かせてもらうことに。

新湊にあるお寺について、曼陀羅寺の住職から伺いました。

新湊には神社仏閣が密集していて、

中にはちょっとした呼び名がついてるお寺があるそう。

それぞれユニークなネーミングのついたお寺でした。

<住職さんのお話>

—では、曼陀羅寺さんは?

何度も火災にあったことから「七辺(ふりがな:しちへん)焼けの曼陀羅寺」と名付けられたという、

ちょっぴり切ないエピソード・・・

曼陀羅寺さんの住職さんもついつい苦笑いでした。

オチどころもついて、お待ちかねの遊びの時間へ。

***

この日用意したカルタは、ご当地カルタ!

射水市にまつわる名産やお祭りなどが描かれた射水市カルタです。

<射水市 ご当地カルタ>

ライバル同士、楽しく戦うことを誓って、結束!

<がんばるぞー♪>

そして、このカルタが思いのほか盛り上がりました!

お遊びだけど、いたって真剣。笑いながらもカルタを取り合いました。

射水カルタの読み札の裏に解説が書かれており、

地元の参加者の方がさらに補足して教えてくれて、皆で射水のことを学ぶことができ、

みんなで「なるほど!」と頷いてばかりの時間でした。

初めましての方もいながら、和気あいあいとした雰囲気でお遊びができました。

これも誰もが子どもの頃、遊んだことのあるカルタのおかげ?!と、

思わずにはいられませんね!

***

遊びを楽しんだ後は、

いい感じにお腹を空かせて、お待ちかねのランチタイムです♪

本日は、割烹かわぐちさんの仕出し弁当です。

お味噌汁や天ぷらのつゆは魔法瓶に入った温かいもので、

お店の細かい気遣いに参加者一同大盛り上がり。

ランチしながら自己紹介をしあい、色んな話に花を咲かせて、

皆で大満足の気分でイベントは終了しました。

地域のお寺や割烹に協力を頂いて、初めての試み。

とっても楽しい時間を共有できました!

新たな繋がりが持てたことに喜びの気持ちでいっぱいです。

心から、ありがとうございました。


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2018 NPO法人水辺のまち新湊